本文へスキップ

行政書士の資格取得のための通信講座などの紹介

資格の活用法/行政書士

行政書士 合格講座

行政書士 合格講座

資格の活用法

■学生の就活などの保険に

行政書士は、試験に合格すれば一生有効な国家資格です。

一生の保険になる行政書士の資格は、学生にも人気があります。

実際、ユーキャンの受講生のうち4人に1人は20代前半です。

景気が不透明なこの時代、就職した先の会社が倒産したり、リストラされてしまうことも十分考えられます。

そんな中、国家資格という「手に職」があれば、会社に依存せず自分の力で生きていくことができます。


■社会人の独立・転職に

仕事している人でも、いつ倒産やリストラにあうかも分からない今の時代、将来の保険として「手に職」を持ちたいという人が増えているようです。

今勤めている会社が倒産したり、リストラされてしまうことも十分考えられます。

そんな中、国家資格という「手に職」があれば、会社に依存せず自分の力で生きていくことができます。

資格さえ持っていれば、いつでも独立できるので、いざというときも安心です。

独立すれば、あなたは事務所の主、いわば"社長"になります。そうなれば、上司との関係に悩むことも、会社のルールに束縛されることもなくなり、自由に自分のペースで働くことができます。

独立といっても、全く新しいことを始めるのではなく、前職で培った専門知識や人脈を活かして独立する人も多いようです。

また、最初は自宅で開業すれば、独立資金も少なく済むので安心です。


■女性が在宅で働くなら

行政書士は、パソコンとプリンターさえあれば、自宅でも開業可能です。

資格さえ持っていれば、いつでも自宅が行政書士事務所に! 結婚・出産後の保険としても人気です

独立前に、研修があるので安心。行政書士会がサポート!
独立・開業するためには、行政書士会に入会する必要があります。

この行政書士会やその支部の会員が主体となり、各地で研修が実施されています。

子育てをしていると、突然子どもが熱を出すなんてことも。外で働くとなると、急な休みは取りづらく、就職を諦めてしまうという方も多いようです。

在宅で、自分のペースで働ける行政書士なら、そんな小さなお子様がいらっしゃる方でも安心。

家事や育児に忙しい主婦の方でも働きやすい仕事です。


■定年後の保険にも

定年後の仕事や、年金の不安など、将来どうなるか分からない現代において、保険として「手に職」を持ちたいという人が増えているようです

平成22年度の行政書士試験の合格者(4,662人)のうち、約4人に1人は40歳以上! 年齢の高い方も積極的に挑戦されている資格です。

資格を持っていればいつでも開業できるから、現在の仕事を退職した後の収入も安心。退職後の生活を支える確かな保険になります。

独立といっても、全く新しいことを始めるのではなく、これまでの仕事で築いた専門知識や人脈を活かして独立する人も多いようです。

また、最初は自宅で開業すれば、独立資金も少なく済むので安心です。




ユーキャンの行政書士講座


行政書士はしっかり準備すれば、十分に合格できる資格。

ユーキャンの行政書士講座は、毎年約3万人に受講されており、ユーキャンの講座の中でも人気の高い講座です。

行政書士の資格に興味を持った方は、今すぐ資料請求(無料)しましょう!